敏感肌用美白美容液の選び方

敏感肌対策!乾燥性敏感肌のスキンケア

敏感肌用美白美容液の選び方

.

成分に注意した選び方

美容液

敏感肌の場合は、敏感肌用美白美容液の選び方においても化粧品の成分に注意しなければいけません。敏感肌用美白美容液の選び方によっては、炎症やかぶれ、アレルギーを起こす可能性があるからです。敏感肌用美白美容液の選び方は、お肌になるべく負担の少ないものを選ぶ選び方をしましょう。そもそも美白成分というものはどのような働きをするのでしょうか?美白成分はメラニン色素ができる反応を抑える働きをするものです。美白成分にはアルブチン、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、エラグ酸、カモミラET、ルシノール、トラネキサム酸、リノール酸、油溶性甘草エキス、ハイドロキノンなどがあります。ハイドロキノンは濃度が高いとお肌への刺激が出やすいとされています。敏感肌用美白美容液の選び方としては避けた方がいいでしょう。油溶性甘草エキスは漢方薬から抽出した成分で消炎効果があり、かぶれにくく、敏感肌用美白美容液としては比較的使いやすいものでしょう。


ページのトップへ ▲

敏感肌用美白美容液の代表的な成分について

お肌

美白美容液には美白に効果のある成分がさまざま配合されています。当然、敏感肌用美白美容液の中にもさまざまな美白成分が入っています。それぞれの成分の性質を知っておくことも、敏感肌用美白美容液の選び方として役に立つことです。美白というとよく使用されるのがビタミンC誘導体です。ビタミンCをお肌に吸収しやすくしたもので、老化防止やにきびの炎症を抑える効果もあります。高濃度だとお肌に刺激が出ることあがるので選び方には注意を。アルブチンはコケモモから抽出された成分で、チロシナーゼ酵素の働きを抑制します。よく使用されるカモミラETはカモミールから抽出された成分で、エンドセリンという情報伝達物質の働きを抑える成分。抗炎症作用を持っています。


ページのトップへ ▲

敏感肌用美白美容液のいろいろ

選ぶ

敏感肌用美白美容液にはどのようなものがあるでしょう?また、どういった選び方をすればいいのでしょう?「肌研(ハダラボ)白潤 薬用美白美容液」という敏感肌用美白美容液があります。この商品は、アルブチンとビタミンC誘導体に着目した敏感肌用美白美容液で、低刺激、弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリー、鉱物油フリーの敏感肌用美白美容液です。お肌に優しい美白美容液なので敏感肌用美白美容液の選び方としては好ましいといえます。「アベンヌ 薬用ホワイトニングセラム」という商品も敏感肌用美白美容液の選び方としては間違っていないでしょう。ヒアルロン酸誘導体配合で、アベンヌ温泉水が敏感肌をいたわってくれます。ただし、選び方が間違っていなかったとしても、また、敏感肌用美白美容液と表示されていても、肌質によってかぶれや炎症を起こすことはあります。選び方に注意するとともに、最初は試しながら使用するようにしましょう。


ページのトップへ ▲

あっとよか

| ホーム | 敏感肌の原因 | 赤ら顔を改善したいなら | おすすめの対策法! | 乾燥性敏感肌とは | 乾燥性敏感肌の原因は | にきびとの関係 | 乾燥肌と敏感肌の違いと対策法 | ファンデーションの選び方 | 基礎化粧品を極める | 化粧品(化粧水)の選び方 | 美白美容液の選び方 | 超敏感肌用化粧品(化粧水)の選び方 | 石鹸の選び方 | 洗顔石鹸と洗顔フォーム | 日焼け止めをおしえて! | スキンケアのポイント | シャンプーの選び方 | 効くサプリメント選び | サプリメント「青みかん」の効果 | 下着選び |

Copyright (C) 敏感肌対策!乾燥性敏感肌のスキンケア All Rights Reserved.