超敏感肌用化粧品(化粧水)の選び方

敏感肌対策!乾燥性敏感肌のスキンケア

超敏感肌用化粧品(化粧水)の選び方

.

超敏感肌用化粧品(化粧水)の選び方の注意

石鹸

敏感肌の中でも少しの刺激にも反応してしまう敏感肌のことを超敏感肌といいます。その場合、超敏感肌用化粧品(化粧水)の選び方にも、注意が必要です。軽めの敏感肌であれば、ノンアルコール、無香料、無着色、添加物を含まない化粧品(化粧水)の選び方をすれば、過敏な反応は避けられるのですが、超敏感肌の場合は、超敏感肌用化粧品であっても、選び方に注意しないと少しの不純物などにも過敏に反応してしまうことが多いのです。超敏感肌用化粧品の選び方には慎重さが必要になります。例えば石鹸の選び方であれば、動物性オイルを使用しているものは、刺激になりやすいので植物性オイルを使用したものを選びましょう。しかし、植物性オイルだからといって安心はできませんので、できるだけ不純物を含まない石鹸、や化粧水、超敏感肌用化粧品(化粧水)を選ぶ、という選び方をしていきましょう。


ページのトップへ ▲

お肌に優しい化粧品をつくるアクセーヌ

化粧水

お肌に刺激のある成分をなるべく避ける、という考えのもと化粧品をつくっているアクセーヌからも超敏感肌用化粧水などの超敏感肌用化粧品が出ています。超敏感肌用化粧品に力を入れているメーカーの化粧品を選ぶという選び方は間違いが少ないですね。「清潔と保湿」に基づいて作られた超敏感肌用化粧品は化粧水やクレンジングオイル、ソープなどを含んだセットをはじめ、お肌に負担の少ないクレンジングオイル、お肌への刺激となる脂肪酸をカットしたフェイシャルソープ、保湿効果の高い化粧水、ヒアルロン酸、水溶性高分子ポリマーを配合したエッセンスなどの超敏感肌用化粧品があります。どれもパラベンフリー、アルコールフリー、合成界面活性剤フリーで超敏感肌用化粧品の選び方としては適しているといえます。超敏感肌化粧品の選び方としては、お肌に刺激のある成分は極力含んでいない、成分もあまり使用していない超敏感肌用化粧品・化粧水や石鹸を選ぶ、という選び方が基本です。


ページのトップへ ▲

超敏感肌用化粧水を自分で作る

自分で作る

お肌に刺激の少ない超敏感肌用化粧品(化粧水)の選び方、といってもそう簡単ではありません。少しの刺激に対しても過敏に反応してしまうのですから、選び方にはかなりの注意が必要です。超敏感肌用化粧品の選び方が難しければ、自分で化粧水を作る、という方法があります。作り方は簡単で余計な成分は入らないので安心できる超敏感肌用化粧水です。用意するものは、水740ml、クエン酸10g、グリセリン100ml、消毒用エタノール150mlです。まずクエン酸を水200mlに溶かしエタノールとグリセリン、水を混ぜるだけ。冷蔵庫で約2ヵ月保存できます。刺激があると感じた場合は薄めて使用するようにしてください。これなら、超敏感肌用化粧水として安心して使うことができますね。超敏感肌用の化粧水を自分で作る方法はさまざまあります。中にはお肌に刺激を与えてしまうものもあるかもしれません。材料の選び方にも注意しながら作るようにしましょう。


ページのトップへ ▲

あっとよか

| ホーム | 敏感肌の原因 | 赤ら顔を改善したいなら | おすすめの対策法! | 乾燥性敏感肌とは | 乾燥性敏感肌の原因は | にきびとの関係 | 乾燥肌と敏感肌の違いと対策法 | ファンデーションの選び方 | 基礎化粧品を極める | 化粧品(化粧水)の選び方 | 美白美容液の選び方 | 超敏感肌用化粧品(化粧水)の選び方 | 石鹸の選び方 | 洗顔石鹸と洗顔フォーム | 日焼け止めをおしえて! | スキンケアのポイント | シャンプーの選び方 | 効くサプリメント選び | サプリメント「青みかん」の効果 | 下着選び |

Copyright (C) 敏感肌対策!乾燥性敏感肌のスキンケア All Rights Reserved.