敏感肌用ファンデーションの選び方

敏感肌対策!乾燥性敏感肌のスキンケア

敏感肌用ファンデーションの選び方

.

敏感肌用ファンデーションにはパウダーを

ファンデーション

紫外線からお肌を守るためにも、ファンデーションは使用した方がいいと思うけれどお肌の負担を考えると不安になる、という敏感肌の人は多いでしょう。敏感肌の人はファンデーションの選び方に気をつけなければ、お肌の負担になってしまいます。では、敏感肌用ファンデーションとはどのようなものがあり、また、どのような選び方をすればいいのでしょうか?敏感肌用ファンデーションの選び方としては、お肌に負担をかけない、お肌にやさしいファンデーション・パウダーファンデーションを選ぶといいとされています。パウダーファンデーションは、乳化剤や防腐剤も含んでいない、比較的添加物が少なく、お肌にやさしいファンデーションといえるでしょう。また、練り状のファンデーションも敏感肌用ファンデーションとしては、お肌への刺激も少なく、パウダーファンデーションよりはしっとりと仕上がります。敏感肌用ファンデーションの選び方は、お肌に刺激の少ない、添加物の少ないものを、という選び方がいいでしょう。


ページのトップへ ▲

選び方として正しくないもの

クリームタイプ

敏感肌にとってお肌が乾燥しない敏感肌用ファンデーションの選び方をしなければいけません。中には敏感肌用ファンデーションとしてクリームタイプのものを使用している人がいますが、クリームタイプは顔料や界面活性剤が含まれていて、敏感肌用ファンデーションの選び方としては正しくありません。液状のものは水分を含みますから、防腐剤も入っています。界面活性剤や防腐剤は化粧品には入っていて仕方のないものではありますが、多く含んで入れば、お肌への刺激になります。お肌に刺激のある成分を多く含んだクリームタイプのファンデーションは、敏感肌用ファンデーションの選び方としては避けたいものです。


ページのトップへ ▲

成分に着目した敏感肌用ファンデーションの選び方

化粧品

敏感肌用ファンデーションの選び方として、化粧品に含まれる成分に注意するという選び方も大切です。例えば、アクセーヌのパウダリーファンデーションは、発ガン性のあるタール色素と環境ホルモン作用が報告されている成分は使用されていません。また、着色剤には皮膚から吸収されにくい固体を使用しています。皮膚から吸収されにくい成分として、分子量が大きいポリメタクリル酸メチル、ジメチコン、メチコン、クロスポリマーといったポリマーが使用されています。お肌に吸収されにくいという点においては敏感肌用ファンデーションの選び方として適しているといえるでしょう。ただし、全てが敏感肌用ファンデーションとして適している成分ばかりではありませんが、お肌に負担の少ないものを選ぶという選び方が敏感肌用ファンデーションの選び方としては必要です。また、個人の肌質にもよるので、試してみてお肌への刺激やトラブルがないことを確認したうえで使用するようにしましょう。


ページのトップへ ▲

あっとよか

| ホーム | 敏感肌の原因 | 赤ら顔を改善したいなら | おすすめの対策法! | 乾燥性敏感肌とは | 乾燥性敏感肌の原因は | にきびとの関係 | 乾燥肌と敏感肌の違いと対策法 | ファンデーションの選び方 | 基礎化粧品を極める | 化粧品(化粧水)の選び方 | 美白美容液の選び方 | 超敏感肌用化粧品(化粧水)の選び方 | 石鹸の選び方 | 洗顔石鹸と洗顔フォーム | 日焼け止めをおしえて! | スキンケアのポイント | シャンプーの選び方 | 効くサプリメント選び | サプリメント「青みかん」の効果 | 下着選び |

Copyright (C) 敏感肌対策!乾燥性敏感肌のスキンケア All Rights Reserved.