敏感肌用日焼け止めをおしえて!

敏感肌対策!乾燥性敏感肌のスキンケア

敏感肌用日焼け止めをおしえて!

.

数多くある敏感肌用日焼け止め

日焼け

紫外線対策として日焼け止めを使わないとお肌は大変なことになる、とさまざまな日焼け止めの広告を目にします。種類も数もありすぎてどれを使えばいいのか分からないといった人も多いでしょう。特に敏感肌用の日焼け止めはしっかり選ばないと、お肌に刺激を与えます。市場に出ている敏感肌用日焼け止めでさえも、発ガン性や環境ホルモン作用が指摘されている紫外線吸収剤が含まれているものも少なくありません。敏感肌用日焼け止めは、紫外線吸収剤不使用、ノンケミカルと表示されている敏感肌用日焼け止めを使いましょう。また、敏感肌用日焼け止めだけに頼らずに、外出する時は帽子や日傘を使うことで紫外線対策になります。紫外線対策はそういったことから始めて、お肌をいたわりましょう。


ページのトップへ ▲

お肌に刺激のある成分

柔軟

お肌に刺激のある成分はなるべく配合されていない日焼け止めが敏感肌用日焼け止めとしては、お勧めです。酸化防止剤のジブチルヒドロキシトルエンは発ガン性が指摘されている成分、柔軟剤・保湿剤として配合されているトリエタノールアミンは発ガン性のもとになるといわれています。また、クロム化合物やエデト塩酸、界面活性剤などの成分はお肌に刺激を与える可能性があり、敏感肌用日焼け止めとしては注意する必要があります。さらに、紫外線吸収剤はアレルギーなどを起こしやすく、使用しているうちにお肌に炎症を起こすこともあります。敏感肌用日焼け止めとしては、紫外線吸収剤不使用、紫外線吸収剤無添加、UV吸収剤不使用、と表示してあるものを選びましょう。


ページのトップへ ▲

お勧めの敏感肌用日焼け止め

紫外線

敏感肌用日焼け止めにはどのようなものがお勧めでしょうか?まず、ノンケミカルでお肌にやさしい敏感肌用日焼け止めには、「アベンヌ サンブロックEX50N」という敏感肌用日焼け止めがあります。アベンヌ温泉水とプレトコフェリルという持続型安定ビタミンEを配合し、日焼けと保湿効果のある敏感肌用日焼け止めです。また、「カオリセレクト UVミルクプロテクションS」は無添加ノンケミカル日焼け止めです。白浮きしないナチュラルな仕上がりなのもいいですね。和光堂のサンカットベビー&ファミーAは発ガン性物質や界面活性剤、紫外線吸収剤などのお肌に刺激のある成分がほとんど配合されていないとされています。敏感肌用日焼け止めはさまざま出ています。ノンケミカルだといってもお肌の状態や肌質によっては、トラブルが生じることがあります。まずは試してから使用するようにしましょう。


ページのトップへ ▲

あっとよか

| ホーム | 敏感肌の原因 | 赤ら顔を改善したいなら | おすすめの対策法! | 乾燥性敏感肌とは | 乾燥性敏感肌の原因は | にきびとの関係 | 乾燥肌と敏感肌の違いと対策法 | ファンデーションの選び方 | 基礎化粧品を極める | 化粧品(化粧水)の選び方 | 美白美容液の選び方 | 超敏感肌用化粧品(化粧水)の選び方 | 石鹸の選び方 | 洗顔石鹸と洗顔フォーム | 日焼け止めをおしえて! | スキンケアのポイント | シャンプーの選び方 | 効くサプリメント選び | サプリメント「青みかん」の効果 | 下着選び |

Copyright (C) 敏感肌対策!乾燥性敏感肌のスキンケア All Rights Reserved.