敏感肌とにきびの関係

敏感肌対策!乾燥性敏感肌のスキンケア

敏感肌とにきびの関係

.

敏感肌とにきび

にきび

にきびはオイリー肌の人だけにできるわけではありません。乾燥している敏感肌の人にもにきびはできます。敏感肌とにきびとはどのような関係にあるのでしょうか?敏感肌でお肌が乾燥していると、少しの刺激でかぶれたり、湿疹を引き起こす場合があります。また、敏感肌の場合は、バリア機能が低下している関係で、外部からの雑菌などが進入しやすく、炎症を引き起こしやすい状態になっています。セラミドなども減少し水分不足であるお肌の角質層は乱れ、狭くなった毛穴に皮脂が詰まり、そこから細菌が繁殖し、にきびができるというわけです。こういった関係で敏感肌でもにきびはできるのです。また、アレルギーなどの遺伝的な体質が関係して敏感肌でにきびができるということもあります。


ページのトップへ ▲

洗顔と敏感肌とにきびの関係

洗顔

にきび対策には清潔が一番、といって過度の洗顔をして皮脂を取りすぎてしまうのは、敏感肌をさらに悪化させてしまうことがあります。洗顔のし過ぎは、乾燥を招くので敏感肌にもにきびにもよくありません。スクラブ洗顔剤などの刺激の強い洗顔料を使うことも避けましょう。洗顔はお肌を傷めないよう、優しく洗いましょう。また、すすぎ残しは雑菌のもとになったり、乾燥の原因になったりします。髪の生え際や小鼻の周りなどは、洗顔剤が残りやすいので注意をしながら、よくすすいでください。さらに、洗顔後はすぐに保湿ケアをしましょう。洗顔後に何もつけずにいると、乾燥する関係で、外部からの刺激を受けやすくなり、敏感肌もにきびも悪化してしまいます。洗顔と保湿ケアは敏感肌とにきび対策としてはとても関係の深いもの。しかし、付けすぎやこすり過ぎなど、お肌に刺激を与えるのは逆効果。スキンケア用品は刺激の少ないものを選び、優しくケアをしましょう。


ページのトップへ ▲

睡眠と食生活とお肌の深い関係

野菜

敏感肌はちょっとした刺激にも反応して、にきびなどの肌トラブルを起こしやすい状態です。敏感肌のにきび対策としてのスキンケア用品も数多くありますが、自分の肌に合った化粧品を見つけるのは簡単ではないかもしれません。スキンケア対策も必要ですが、敏感肌のにきび対策には体の中から改善することが大切です。睡眠や食生活と敏感肌やにきびはとても深い関係にあります。睡眠が足りていないと、肌の免疫力が下がる関係でにきびができやすく、腫れやすくなります。また、食生活とお肌もとても深い関係があります。食生活の欧米化の関係で動物性脂肪の多い食事が多くなっていませんか?お肌には和食中心の食事の方がいいのです。美肌と緑黄色野菜はきってもきれない関係です。意識して野菜を摂るようにしましょう。


ページのトップへ ▲

あっとよか

| ホーム | 敏感肌の原因 | 赤ら顔を改善したいなら | おすすめの対策法! | 乾燥性敏感肌とは | 乾燥性敏感肌の原因は | にきびとの関係 | 乾燥肌と敏感肌の違いと対策法 | ファンデーションの選び方 | 基礎化粧品を極める | 化粧品(化粧水)の選び方 | 美白美容液の選び方 | 超敏感肌用化粧品(化粧水)の選び方 | 石鹸の選び方 | 洗顔石鹸と洗顔フォーム | 日焼け止めをおしえて! | スキンケアのポイント | シャンプーの選び方 | 効くサプリメント選び | サプリメント「青みかん」の効果 | 下着選び |

Copyright (C) 敏感肌対策!乾燥性敏感肌のスキンケア All Rights Reserved.