敏感肌用化粧品(化粧水)の選び方

敏感肌対策!乾燥性敏感肌のスキンケア

敏感肌用化粧品(化粧水)の選び方

.

敏感肌用化粧品の選び方の一つは安全性

化粧水

敏感肌用化粧品(化粧水)の選び方として大切なのは、お肌に刺激のない敏感肌用化粧品の選び方をするということです。敏感肌用化粧品として臨床テストを受け安全性を確認された化粧品(化粧水)、お肌に刺激のあるタール色素や香料などが含まれていない敏感肌用化粧品(化粧水)、といった選び方をしましょう。敏感肌用化粧水としてお勧めなのが、保湿効果もある「アクセーヌ ホワイトエマルジョンディープモイスチュアC」。アルコールフリーで、ノンコメドジェニックテスト済み。バリア機能が低下している角質層を整え、お肌をうるおしてくれる敏感肌用化粧水です。成分にビタミンC誘導体を含んでいるのも、敏感肌用化粧品としての選び方として大切です。また、「アクセーヌ ALスキンローション」は低刺激で無香料・無着色・アルコールフリーで敏感肌用化粧水としてはおススメの化粧水です。


ページのトップへ ▲

水にこだわった敏感肌用化粧品

天然海水

南フランス生まれのアベンヌの化粧水は、ミネラルに着目して作られた化粧水です。無香料、無着色、アルコール(エタノール)フリー、防腐剤フリー、パッチテスト済み、アレルギー・ノンコメドジェニックテスト済みで、敏感肌用化粧水としてはお勧めです。また、海のミネラル成分「オリゴマリン」を配合したスプレータイプの敏感肌用化粧水・ノブウォーターは、海水を濃縮して作られた天然保湿成分を配合。角質のバリア機能をサポートしてくれる敏感肌用化粧水です。敏感肌用化粧水としてミストの霧の細かさにまでこだわった化粧水です。化粧水の選び方として、アベンヌなどの水にこだわった化粧水、ノブなど、敏感肌について研究を重ねているメーカーの敏感肌用化粧品を選ぶという選び方も、確かな選び方の一つですね。


ページのトップへ ▲

タール色素に注意した敏感肌用化粧品の選び方

口紅

タール色素という成分は着色料として主に口紅やアイシャドー、頬紅などの化粧品、そして化粧水にも含まれているものです。合成着色料で石油から作られたタール色素は敏感肌用化粧品の選び方としては好ましくありません。タール色素は発ガン性、アレルギーなどの危険性が指摘され、アメリカでは使用禁止になっているものもあります。日本においては、許可されているタール色素はまだまだありますので、敏感肌用化粧品の選び方には注意が必要です。しかし、タール色素が配合されていない化粧品を発売しているメーカーがあります。紅花色素を抜いた口紅を発売したハイム化粧品やタール色素を使用しない無機顔料配合の口紅を発売したHAVA化粧品などです。敏感肌用化粧品の選び方としてはお肌への刺激やアレルギーなどの原因になるものは、できるだけ含まない敏感肌用化粧品の選び方をしましょう。


ページのトップへ ▲

あっとよか

| ホーム | 敏感肌の原因 | 赤ら顔を改善したいなら | おすすめの対策法! | 乾燥性敏感肌とは | 乾燥性敏感肌の原因は | にきびとの関係 | 乾燥肌と敏感肌の違いと対策法 | ファンデーションの選び方 | 基礎化粧品を極める | 化粧品(化粧水)の選び方 | 美白美容液の選び方 | 超敏感肌用化粧品(化粧水)の選び方 | 石鹸の選び方 | 洗顔石鹸と洗顔フォーム | 日焼け止めをおしえて! | スキンケアのポイント | シャンプーの選び方 | 効くサプリメント選び | サプリメント「青みかん」の効果 | 下着選び |

Copyright (C) 敏感肌対策!乾燥性敏感肌のスキンケア All Rights Reserved.