敏感肌用石鹸の選び方

敏感肌対策!乾燥性敏感肌のスキンケア

敏感肌用石鹸の選び方

.

敏感肌用石鹸の選び方のポイント

泡立て

弱酸性や低刺激の石鹸など、敏感肌用石鹸が数多くある中で、どのような敏感肌用石鹸の選び方をすればいいのでしょうか?敏感肌には余分な成分を含まない、シンプルな石鹸が適しています。油分や保湿剤はなるべく入っていない、汚れを落とすだけの石鹸を選ぶ、という選び方をしましょう。ボディソープなどは使い勝手は便利ですが、必要以上の量を使いやすく、洗い流した後、余分な油分が残こりやすいといわれています。また、敏感肌用石鹸の選び方が、洗い方が間違っていなかったとしても、すすぎが不十分だと、お肌に刺激の元を残すことになります。敏感肌用石鹸をよく泡立て、やさしく洗い、すすぎはしっかり。敏感肌用石鹸の正しい選び方を学び、お肌に負担をかけないようにしましょう。


ページのトップへ ▲

お勧めの敏感肌用石鹸

石鹸

低刺激でお肌に負担をかけない敏感肌用石鹸はたくさんあります。それぞれ敏感肌用石鹸としての特徴がありますので、選び方の参考にしましょう。敏感肌用石鹸の選び方としては、無香料、無着色、低刺激といったことは基本です。「ノブ ソープD」は、それに加え臨床皮膚医学に基づいて作られた低刺激の全身用・敏感肌用石鹸。お肌に適度なうるおいが残るよう、皮脂を取りすぎない石鹸です。お肌の刺激となる成分を排除することに着目した敏感肌用石鹸の選び方をすると、「無添加せっけん」がお勧めです。この敏感肌用石鹸は、天然原料だけで作られた石鹸で、香料、着色料、防腐剤、酵素、酸化防止剤のエデト酸塩も使用していない敏感肌用石鹸なので、安心です。敏感肌用石鹸の選び方で大切なことは、できるだけシンプルなものを選ぶということ。保湿剤などを含んでいない、石鹸素地だけでつくられたものが1番お肌に負担をかけずにすむのです。


ページのトップへ ▲

お肌に合わない原因を排除した石鹸の選び方

洗い流す

お肌に刺激を感じる、炎症を起こすなど石鹸がお肌に合わない原因として考えられるのは、アルカリ度が高い、刺激の強い脂肪酸が配合されている、エタノール濃度が高い、といったことが考えられます。敏感肌用石鹸としてはこういった原因を取り除いた石鹸の選び方をする必要があります。これらの原因が取り除かれた石鹸の選び方は、低アルカリである、ラウリン酸がカットされている、エタノール不使用、と表示された敏感肌用石鹸を選ぶことです。また、石鹸がお肌に付いている時間が長いとそれだけお肌に刺激を与えることになります。選び方の一つとして、泡切れがよく、さっと洗い流すことのできる石鹸を選ぶという選び方も大切です。


ページのトップへ ▲

あっとよか

| ホーム | 敏感肌の原因 | 赤ら顔を改善したいなら | おすすめの対策法! | 乾燥性敏感肌とは | 乾燥性敏感肌の原因は | にきびとの関係 | 乾燥肌と敏感肌の違いと対策法 | ファンデーションの選び方 | 基礎化粧品を極める | 化粧品(化粧水)の選び方 | 美白美容液の選び方 | 超敏感肌用化粧品(化粧水)の選び方 | 石鹸の選び方 | 洗顔石鹸と洗顔フォーム | 日焼け止めをおしえて! | スキンケアのポイント | シャンプーの選び方 | 効くサプリメント選び | サプリメント「青みかん」の効果 | 下着選び |

Copyright (C) 敏感肌対策!乾燥性敏感肌のスキンケア All Rights Reserved.