乾燥肌と敏感肌の違いと対策法

敏感肌対策!乾燥性敏感肌のスキンケア

乾燥肌と敏感肌の違いと対策法

.

乾燥肌と敏感肌の違い

肌

乾燥肌イコール敏感肌と思っている人は多いもしれませんが、乾燥肌と敏感肌には違いがあります。乾燥肌の人が敏感肌である場合も多いようですが、乾燥肌の人が必ずしも敏感肌であるとは限りません。乾燥肌と敏感肌にはどのような違いがあるのでしょうか?乾燥肌は、外気などの乾燥によってお肌の水分保持力が低下し、お肌の角質層が乱れて肌荒れの症状を起こすことです。一方、敏感肌とは角質層のバリア機能が低下し、通常では何でもないような物質や刺激に対して過敏に反応してしまうお肌のことをいいます。乾燥肌の原因は体質や気温の変化、加齢、スキンケアなどによりお肌が乾燥してしまい、乾燥肌になってしまうのですが、それと違い敏感肌の場合は、アレルギーなどの遺伝的な体質が主な原因であるともいわれています。そのため、乾燥肌と敏感肌の対策法にも違いが出てくるので注意しましょう。


ページのトップへ ▲

対策法の違い

シャンプー

乾燥肌と敏感肌の対策法の違いは、乾燥肌の対策法は主に保湿ケアが重要ですが、敏感肌の対策法で重要なのは、お肌に刺激を与えないという違いがあります。毎日使う化粧品の成分やシャンプー・リンスなどの成分に注意したり、紫外線の対策法を実行したり日常生活でお肌に刺激を与えてお肌を傷めないようにすることが大切な対策法になってきます。敏感肌のスキンケア対策法においては、お肌のこすりすぎやピーリング、タンパク質分解酵素入りの洗顔剤などの化粧品の使用などの普通のお肌と違い、角質をはがすスキンケア対策は敏感肌を悪化させます。さらに、辛い食べ物やアルコールのとりすぎ、甘い食べ物のとりすぎなども毛細血管を拡張させる原因になるので、控え目にしましょう。こういったスキンケア対策法や日常生活における対策法を実行することは敏感肌にとってとても大切ですが、敏感肌の原因を探ることも必要です。なぜ敏感肌になったのか、まずは自分の生活を振り返ってみましょう。


ページのトップへ ▲

大切なのはお肌を傷めないこと

果物

乾燥肌の対策法において、お肌を傷めないケアをするというのは敏感肌の対策法と違いはありません。洗顔をしすぎない、ごしごしこすらない、熱いお風呂に入らない、といったちょっとした対策法を実行することも大切です。また、気をつけたいのはダイエットをしていて、脂分を制限してしまうこと。あまり脂分を制限してしまうと、お肌はカサカサになってしまうのです。やせてキレイになってもお肌がカサカサしていては、それは本当の美しさとは違います。必要な脂分は摂取するようにしましょう。乾燥肌も敏感肌も食事の対策法としてビタミンA、B、C、E、を摂ることが大切ということに違いはありません。緑黄色野菜、豆類、豚肉、果物などを意識して摂取するようにすることが、乾燥肌と敏感肌の対策法になります。


ページのトップへ ▲

あっとよか

| ホーム | 敏感肌の原因 | 赤ら顔を改善したいなら | おすすめの対策法! | 乾燥性敏感肌とは | 乾燥性敏感肌の原因は | にきびとの関係 | 乾燥肌と敏感肌の違いと対策法 | ファンデーションの選び方 | 基礎化粧品を極める | 化粧品(化粧水)の選び方 | 美白美容液の選び方 | 超敏感肌用化粧品(化粧水)の選び方 | 石鹸の選び方 | 洗顔石鹸と洗顔フォーム | 日焼け止めをおしえて! | スキンケアのポイント | シャンプーの選び方 | 効くサプリメント選び | サプリメント「青みかん」の効果 | 下着選び |

Copyright (C) 敏感肌対策!乾燥性敏感肌のスキンケア All Rights Reserved.